NGスタイルに注意|30代メンズファッション通信【レザーのバイクグローブをフル活用】

メンズファッションで失敗することもある

メンズファッションで失敗してしまう例としてあげられるのがバランスを考えず、あれもこれも身に着けたいというコーディネートをしてしまった時に起こります。
ファッションセンスという言葉がありますが、その言葉の意味は身に着けるモノの素材だったり、色であったり、形だったりといろいろあります。
それらの組み合わせが上手くいった時にファッションセンスの良さが光ります。
その組み合わせバランスを無視するとメンズファッションとして残念な結果になってしまうのです。

これはNG!メンズファッションで失敗に陥る4つのポイント

足元に気を遣わないコーディネート

最近は、割と普段着に近いファッションがトレンドになっています。ですが、普段着ファッションといえどもそれなりのルールはあります。特に足元においては、注目している人も多いので、ルールに合っていないコーディネートをするとNGになります。
例えば、上から下までフォーマルなコーディネートで決めているのに、足元がサンダルや下駄といったラフなスタイルだとバランスが悪いです。また、汚いスニーカーやブーツも第一印象がマイナスになるので注意が必要です。

体型とサイズがちぐはぐなファッション

ファッションスタイルの中には、わざと大きめのサイズを着こなすストリートスタイルやB系スタイルなどがあります。ただ、年齢やライフスタイルによっては、そのダボダボしたスタイルがかっこ悪く見えてしまうこともあるため注意が必要です。
また、サイズ感がわかっていないスタイルは、自分自身のコンプレックスが強調される可能性があります。アウターであれば着丈、パンツであれば股下など自分のサイズに合わせてファッションを選ぶようにしましょう。

TPOを考えていないスタイル

メンズファッションに必要な要素とは「大人っぽさ」「ドレスライク」という点が重視される場面があります。特にパーティーやレストランなど、カジュアルなスタイルに合わない場面ではTPOをわきまえたスタイルを考えないといけません。
特に、シューズやパンツなどの指定がある場所やジャケット着用が必要なところもあります。女性をエスコートするデートスタイルといった場面では、恥ずかしくないようなスタイルを心がけるようにしましょう。

年齢に合っていないオシャレ

「オシャレに年齢は関係ない」ということは、よく言われていますよね。確かに、その人に似合うファッションスタイルであれば、コーディネート次第でかっこよく見せることは可能です。
しかし、自分に似合うものを知らずに年齢に合わないアイテムを身に着けていると、周りから見れば若作りをしているイメージがつき、残念な結果に陥ることもあります。特に30代メンズファッションは、20代と違いアイテムの選び方や着こなし方がポイントなので、今までのスタイルを見直すことも必要です。

NGスタイルに注意

男性

自分に合ったファッションスタイルを見つけるヒント

若いころは流行に流され流行りの服やアクセサリーを身に着け満足していた時期があったと思います。
しかし20代後半から30代になると流行りに流されるのではなく、自分自身に似合うものをチョイスしていかなければなりません。
流行りのモノと似合うモノ、この二つのどちらに視点を置くかで自分に似合うメンズファッションスタイルを見つけるヒントになります。
自分に似合うメンズファッションに気付いた時、あなたの魅力が引き出され周りからの好感度も上がること間違いなしです。自分自身のメンズファッションとは流行りに流されるのではなく、自分に似合うファッションの発見ということを忘れないでください。

初心者はトータルコーディネートの商品がおすすめ

ここ最近メンズファッショに興味が出てきたのですがどんな服を選んで着ればいいのかがわかりません、という話をよく聞きます。
そんな方にお勧めなのがショップの店頭などに飾られているトータルコーディネートされた商品、まずはプロがコーディネートした服からスタートしてみるのもいいかもしれません。
ショップに飾られているトータルコーディネート商品に間違いはないと思います。
何もわからないままに適当に服やその他のアイテムを選んでしまうよりは、その年の流行を熟知した方のコーディネートにお任せする方が自分をアピールする意味でも、ベストな選択ができると思います。
まずはバランスのとれたトータルコーディネート商品を着こなしてみましょう。

購入後はお手入れも忘れずに

メンズファッションを追求していく上で、どのアイテムにも共通して言えることがあることに気付きます。
それはお手入れです。
服にしても靴にしても、どのアイテムにもそれなりに必要なお手入れ方法というものが存在します。
そのお手入れを怠ることによって大切にしていたファッションアイテムを台無しにしてしまう結果になってしまったという話を聞きます。
特に使うほどに味の出てくるレザー商品などお手入れなしでは身に着けることができないといっても過言ではありません。
大切にお手入れをすればするほどそのアイテムに愛着もわいてきます。
お気に入りのメンズファッションを購入する際、お手入れありきで購入することをお忘れなく。

広告募集中